ブログ

夢の島24hRM〜最高の仲間〜

投稿者:Mini image Yuckey 2012年 06月 21日 08時 20分 
この最高の思い出を選手兼監督の目線で書きます。

第11回 24時間グリーンチャリティーリレーマラソンin東京ゆめのしま

この大会に出ようと思ったきっかけは、去年から夢の島練習会を開始し、
まほうびんさんとノゾミ君と練習後の会話で
せっかくだからホームの競技場でみんなで大会に出たいとう単純なことからでした。

個人的には駅伝やリレーマラソンが大好きなので出るならもちろん本気で!
去年の結果を見ると24時間を12人で3'39"/kmペースが優勝。
これはメンバー揃えれば優勝いけるのでは・・・とかってに思う。
今までに24時間リレーには出たことなかったですが、
去年の12月にたくさま、yuuさん、ノゾミ君、僕の4人で6時間リレーを
3'30"/kmで回せたからいける!という自信も少しありました。

まずはこの24時間優勝狙い企画に賛同してくれるメンバーを探すところから始まりました。

2月のエントリー開始と同時に掲示板や口コミで募集開始。
つよし君、KG君、カタヒさん、akira君がが早速のってくれた。
(カタヒさんはファンラン希望でしたが、強引に引き込みました)
チカラさんはつよし君が誘ってくれた。(もともと誘う予定でした)
T☆春さんは最初は仕事で無理と言われましたが後に
夕方から行けるということになってそれでも十分戦力になるのでメンバー入りしてもらいました。

その後、なかなか人が集まらなかったが、
いっちゃんさんが、そういえば24時間って人集まってる?いないなら出るよと言われたので、
是非出てください!
いっちゃんさんは東海の時からめっちゃお世話になっていたので
ずっと一緒のチームで走りたいと思ってました。
とりあえず10人集まりました。

後2人いい人いないかな・・・
と考えていたら3月下旬の夢の島練習会にめっちゃ走るのが好きそうな人が登場。
今年の東京マラソンで2時間49分で走ったというmaaさん。(今回メンバーでフル最速です)
家も近くだしこの人に走ってもらいたいと思い、即スカウトして即オッケーもらいました!
ヨシ後一人だ!
4月になり、登録名がフルネームで書いてある、気になる人を発見!
プロフィールを見るとリレーマラソンや駅伝で特に力を発揮しますと書いてあり、
持ちタイムも僕とほぼ同じ。
最後の一人はこの人をスカウトするしかない!と思いました。
そう考えていると4月中旬に夢の島練習会に参加してくれました。
最後の一人おおっちさん。
現時点の走力が気になったため、インターバルではなく10000mビルドアップを一緒にやり、
実力を探ってみました。←やらしいですよね(笑)
37分を余裕でついてきたのでこの人は使えると思って即スカウト、即オッケーもらいました!

これでようやく12人揃いました。
(まほうびん、ノゾミ、KG、つよし、カタヒ、チカラ、
akira、T☆春、いっちゃん、maa、おおっち、ユッキー)
正直これほどのメンバーが揃うと思ってませんでした。
と同時にこのメンバーなら24時間で3'30"/kmペースで410km、
優勝も狙えるかもしれないと思いました。
このころから実は24時間のことばかり考えてました。

しかし、大会までにいろいろ不安がありました。
一つ目の不安要素はウルトラ後のメンバー(T☆春さん、KG君、カタヒさん、つよし君)がいること。

まずはT☆春さんが富士五湖を走って、脚がかなりやばくなって横浜駅伝を欠場した時は焦りました。
そしてチカラさんが横浜駅伝の前に事故して横浜駅伝欠場。
これもかなり焦ってメールしましたが、ケガはほとんどないということで一安心しました。(さすがサイボーグですね)
5月中旬になりT☆春さんも徐々に調子が上がってきたのでよかったです。

次は野辺山のKG君がどうなるかな・・・
無事完走し、翌週の夢の島5000mもまずまずのタイムで走っていたのでさすがだなと思っていたが、
みんなの話を聞くと忍野の時もかなりつらそうだったらしい。
大会10日前に夢の島練習に参加してくれたが、かなり体が重そうだった。
後10日で戻せるのか心配だが、彼ならなんとかしてくれると信じてました。

残りは大会2週間前のしまなみ100キロに出るカタヒさんとつよし君。
カタヒさんはスパルタスロン以来調子が上がっておらずかなり心配。
しかし、目標の10時間30分を切り、しっかり走ってきた。(さすがです)
後は疲れが取れるかですが、ずっと前からカタヒさん自身が、
ウルトラの2週間後に1500mのベストが出ると言っていたのでそれを信じよう。

最後は初ウルトラのつよし君。
彼は特に心配してなかったのだが、まさかの2日前に膝がやばくて走れるか微妙だと。
しかしここで抜けられるとまずいし、今後の予定もハードなので
ケガを悪化させてしまうのもまずい。
どうしたらよいか判断できないため、つよし君自身の判断に委ねました。
回復してくれるのを祈るのみ。

2つ目の不安要素はノゾミ君。
なぜかチョウケイじん帯を痛めほとんど練習できてないし、
2日前の連絡事項にも唯一返事がない。相変わらず問題児だね。
しかし、去年の12月の6時間リレーの時も練習してないのに
結局いい走りをしていたので、会場に来ればやってくれると思っていた。来れば・・・

後は不安がない人達。
まほうびんさんはずっと夢の島練習で安定して走れており(なんたらハーフ除く)
レペやインターバルでしっかりスピードを上げ、調子も良さそうなので問題なし。

チカラさんは夢の島練習行けてませんがしっかり練習できてるので、
力になれると心強い発言をしてくれたため問題なし。

akira君は直前に調子を上げてきてモチベーションも上がっているので
一番若くて元気ということもありエース配置に。

いっちゃんさんは練習ではちょっと調子が上がっていませんでしたが、
練習はしっかり積めているし、本番や駅伝に強いので問題なし。

maaさんは4時間走で56キロ走ったり、
練習会でもしっかりスピード出ていたので問題なし。

おおっちさんは横田駅伝1区で好走し、優勝に貢献し、
練習でも調子よかったので問題なし。

自分は5000mで16分台出して調子に乗っているので問題なし。

さあ本番どうなるかな。

事前に参加チームも発表され、2チーム強いところが出場しているので、
目標を3位表彰台に下方修正。

こうしていろいろな思いを持ちつつ本番当日を迎えました。

当日の朝11時に集合。
いつも通りチャリで現地に向かいます。
その途中。ノゾミ君からやっと2日前の返信メール。
遅刻します。と・・・(やっぱりな。朝から余裕でコーヒー飲んでたからな)
会場に着くと、原付で帰ろうとしていたKATさんに遭遇。
寝袋とかテーブル置いといたからね〜。
ありがとうございます!
WindRun夢のテントスペースに着くとまだ誰もおらず、
KATさんの荷物もない。ちょっと焦りました。
結局みつからず。(KATさんすいません。最後に見つかってよかったです)

その後、徐々にみんな集まり、テントを組み立てます。
なぜこの斜面にテントと思いつつ。後にこれが落とし穴になるとは・・・
組み立てているときになんか目が回ったような感じになりちょっと気持ち悪くなったが
すぐ治ったのでよかったです。
隣のテントにはnoriちゃん、むっちゃんがいる別チームが・・
いろんな仮装道具で盛り上げてくれそうです。
なかしまさんは体調が良くないにもかかわらず応援に来てくれてありがとうございました。
東海メンバーの24時間ソロで走るSUNさんとぱぱさんも挨拶にきてくれました。
お互いがんばりましょう!
そして一番心配していたつよし君もなんとか走れそうということで一安心。
その後、スタート時の10人が全員揃い、ゼッケンや目印のための青いハチマキをみんなに渡す。
なんでハチマキしてるんだと思った人は何人かいたかもしれませんが、
実はこれはmaaさんが持ってきてくれたもので、
事前に人形町大観音寺の俊足の神様、韋駄天様に優勝祈願に行ってきてくれたハチマキなんです。
(みんなに事前に伝えるの忘れてました。maaさんすいません)

そしてついにスタートの時間が迫ってきました。

ルールは24時間以内に1周1240mのコースを何周できるかも競う単純なものです。

1周1240mペース早見表
3’50”/1周→3’05”/km
4’00”/1周→3’13”/km
4’10”/1周→3’21”/km
4’20”/1周→3’29”/km
4’30”/1周→3’37”/km
4’40”/1周→3’45”/km
4’50”/1周→3’53”/km
5’00”/1周→4’01”/km

今回の優勝候補。
Dreamj@c(2年前まで4連覇)
走好会Dream(2年前まで3年連続2位)
航空生徒A(去年優勝)

目標は3位表彰台。この3チームのどれかを倒すしかない。

〇13時(スタート)〜
メンバー10人
(maa、akira、チカラ、いっちゃん、つよし、おおっち、まほうびん、カタヒ、ノゾミ、ユッキー)
1走は自分が担当しました。
スタートから10分間は襷リレーできないので、3周走ります。
スタート位置は2列目に位置し、すぐ前には優勝候補のDream j@c。最初からマークです。
とにかく人が多いのでスタートダッシュで良い位置を取る作戦。
無事スタートをうまく切り抜けトラック1周。通過が70秒。
このタイムで7番目ぐらい。さすがにみんな飛ばしますね。
競技場出るまではDream j@cのすぐ後ろに着きましたが、
最初は4km弱あるので、さすがついていくとまずいのでペース落とします。1km通過が3’10”。
すでにけっこういっぱいいっぱいですがそこから粘って走ります。
とりあえず9割ぐらいの力で走って24時間の部の中で5位で2走のmaaさんへ襷リレー。

すでにDream j@cと20秒ぐらい離されてます。やっぱ優勝候補は強いなと。
しかし各チームのエースが集う1走でこの順位なら入賞ライン(6位)は余裕だなと思いました。
今回のチームにエースはいませんが全員がほぼ同じぐらいの走力があるので、総力戦には自信がありました。

ここからは1周ごとに襷リレーします。
最初は自分が作った走順で回していきます。
みんな最初の1周はそこそこ飛ばします。
その中でノゾミ君が3’50”できたと・・・
今大会の不安要素が最初から元気だな・・・途中でへばるなよと思いながら休憩。

〇14時〜
自分の2回目が回ってきました。
自分は深夜要員(次は23時〜)になっているため一旦ここで時間が空くので全力で走ります。3’55”。
やっぱさっきノゾミ君は相当飛ばしたなと実感しました。
(ちなみに狭いコースにすごい人数の人が走っているのでめちゃくちゃ走りにくいです)
ひとまず役割を終えたので帰る準備を。
そのころmaaさんがテントに戻ってきて「10人で回してるとは思えないほどきついね。」
と言いましたが、maaさんは15時で一旦先に抜けるので5人に1回走る配置となってますよ〜。
とりあえず無事一回りし、信頼できる仲間ばかりなので安心して帰路へ。
帰宅途中に腹ごしらえのため、すき家により豚汁鮭定食大盛を食べ帰宅。

〇15時〜
まだ5キロちょっとしか走ってないですができる限り疲労を抜くため、
半身浴を20分して寝る・・・zzz。寝れるわけないですよね。
みんなの走りが気になって寝れません。
とりあえず布団の上で目だけ閉じる。
あまりに時間が長く感じるのでFacebookに投稿。
みんなから応援メッセージをもらい気合が入る。

○17時〜
いっちゃんさんから4時間経過時点の結果がメールで送られてくる。
3位です。2位と3'50"差、4位と4'20"差。
この差ならまだ逆転できそう。

○19時〜
いっちゃんさんから6時間経過時点の結果がメールで送られてくる。
引き続き3位です。2位と10'00"差、4位と6'00"差。
かなり離されました。
この時点で上位を追うのは厳しいため3位キープかなと思いました。

○21時〜
チカラさんから順調に回りすぎて、走順が30分以上前倒しになっているという連絡が。
22時スタートの元気なT☆春さんとKG君がもう現地に到着していたので、
安心して自分も向かう準備を。

現地に到着したらすぐにまほうびんさんが前を通過。
すでに20キロ以上走っているはずだがまだフォームもしっかりしていたのでよかった。

そして休憩に入ったノゾミ君と応援のかずみんさんに遭遇。
ノゾミ君はまだまだいけるから深夜きつくなったら呼んでくれ・・・と。
この男やはりただ者ではないな(いろんな意味で)

そしてテントに戻ったら休憩中のつよし君がアイシング中。
当初の予定では帰ってもいい時間だったが、
深夜何が起こるか分からんから待機してるよ・・・と。
なんて心強い言葉を。(後に本当に助かります)
脚もなんとかもっているようでよかった。

途中経過を見に行くと
8時間経過時点で引き続き3位。4位との差は3分。だいぶ迫られています。
そこでカタヒさんとも会い、脚も大丈夫そうだからちょっと休めば深夜も行けるよと・・・。

○22時〜
準備して襷リレーゾーンに向かうとakira君、チカラさん、いっちゃんさん、KG君、T☆春さんが
元気に走っていた。そして7010さんもnoriちゃんチームで参戦してました。
いつも一緒に練習している夢リーマンメンバーを見ると安心しますね。
akira君、チカラさん、いっちゃんさんはもうすぐロング休憩に入るので一旦スパートかけてます。
ただ当初の予定よりみんながんばりすぎて走順が前倒しになっているため、
0時〜のmaaさん、KG君、T☆春さん、僕の4人で回すまでに調整が必要でした。
akira君はアキレス腱がやばい。いっちゃんさん今から休憩・・・。
しかしチカラさんが4'30"でいいなら0時のmaaさんが来るまで走るよと言ってくれて本当に助かりました。

○23時〜
とりあえずakira君は規定の本数まで、チカラさんはmaaさんが来るまで走ってもらい、5人で回す。
akira君は休憩前なので全力で走ってます。(これが後に響きました)
チカラさんはさすがに落ち着いて走ってます。
T☆春さんは元気すぎて3分台出したりして飛ばしてます。(これも後に響きます)
KG君はいつもの精密機械のように安定して走ります。
そのころ、yuuさんとりょうこちゃんが応援で登場。
9時間経過時点の途中経過を見たらしくなんと航空生徒Aに抜かれ4位に落ちていると・・(12秒差)
これはヤバイと思い完全にスイッチが入りました。
絶対に深夜中に抜いて引き離してやると。

さずがにチカラさんもペース維持がきつくなり、akira君も走れないので
ここで3人はまずいと思っていたら、maaさん登場!
まさに救世主です。すぐにチカラさんと代わってもらいました。

○0時〜
ここからmaaさん、T☆春さん、KG君、僕の4人で回す過酷な時間帯が始まります。
このきつい時間帯に一番力になったのは反対側の入り口付近のだれもいないところで
一人で応援し続けてくれた、かずみんさんでした。本当ありがとうございました。
ある意味走っているよりきついんではないかと心配になりました。
テントスペース付近ではnoriちゃん、むっちゃんが応援してくれます。
ありがたいです。

ここから雨がけっこう強くなったりして我慢の時間が続きます。

○1時〜
ようやく半分終わりました。
みんなちょっときつくなってきてキープがいっぱいいっぱいになってきましたが、
自分だけランナーズハイがかかっており全く息があがりません。(マリオカートでスターを取ったときの気分)
このままどこまでいけるか〜

○2時〜
たまたますぐ後にDreamj@cが襷リレーしたのが分かり、
すぐ後ろに気配を感じながら逃げます。
相手が格上だろうがスピードでは負けたくないという意地だけで走ります。
ラストのトラックに入って相手が抜こうとしてきたので前に出させないようにして
スパートして逃げます。(意識しすぎですよね)
そしてほぼ同時にKG君に襷リレー。3'56"。
これまで4'10"前後で走っていたので明らかにオーバーペース。(これ後に響きます)
次のKG君もこの勢いに巻き込まれ飛ばしてしまいもらい事故に。(これも後に響きます)
その後、みんなペース維持がきつくなり、誰かが4'40"かかったらノゾミ君を呼ぼうと。
(3時ぐらいからならいけると事前に聞いていたので)
そしてついにその時が来た。
もうこれ以上遅れると4位に追いつかれると思いテントに助けを呼びに行ったら、
カタヒさんが起きていた。行けますか?4'30"でいいなら行けるよ!お願いします。
(さすが、困った時のカタヒさん)
そこでつよし君、ノゾミ君も起こし、走ってもらいます。

○3時〜
KG君の脚がやばくなったため、ここからは
maaさん、T☆春さん、カタヒさん、つよし君、ノゾミ君、僕の6人で4'40"かかるまでは走るという
サバイバル戦になります。
雨も酷くなったりして寒さも出てきます。

○4時〜
つよし君の脚もやばくなったためこの辺りから5人。
maaさんの顔色が悪くなってきてちょっと心配でしたがなんとか走れてるので継続。
T☆春さんもかなり限界に近づいています。

次に来てくれるのは6時からのakira君、チカラさん、いっちゃんさん。
なんとか走れるメンバーで1時間半絶えるしかない。
(この辺りではずっと頭の中でミスチルのランニングハイのサビがエンドレスで流れてました)

このころから早くも空が明るくなってきました。

○5時〜
KG君も一時復帰したが、1本しか走れない。
maaさん、T☆春さん、僕も規定の4'40"を超え、限界ですが、
カタヒさんとノゾミ君2人では回せないので総力戦でがんばる。

ここで始発でかけつけてくれたりょうちんが登場。
朝早くからありがたい。
maaさん、T☆春さん、僕はここで一旦休憩なので全力で走る。

その後、12時間をソロで走るはるちゃんと遭遇。
がんばってくだい!

○6時〜
akira君、チカラさん、いっちゃんさんが復帰し、カタヒさん、ノゾミ君の5人で回す。

T☆春さんと、僕は一旦休憩で、maaさんは一時帰宅。

テントで休憩してるとちえちゃんがおにぎりを持って登場。
おいしく頂きました。ありがとう!
そうしていると、7010さんから連絡が入りakira君が1本目で5'13"かかり、
アキレス腱痛でもう走れないと。(昨日のラストスパートで無理したようです)
もうこれ以上は走らせられないので悔しいと思うがここで終わりにしてもらいました。
けど4人はきついなと思っていたらT☆春さんが人が足りないならまだ走ると・・・
(チョウケイも痛めているのになんてすごい人だ)

おおっちさんとまほうびんさん早く来てくれ〜

この辺りでいずみんさん、birdさん、かつ○さんが応援にかけつけてくれました。

カタヒさん、ノゾミ君、T☆春さんも限界を向かえヤバイと思ったら、
もう走れないと思っていたつよし君とKG君が代わりに走っていた。
これこそがみんながみんなを助ける。まさにチーム力ですね。
自分はまだ何が起こるか分からないため体力温存。
シャワーでリフレッシュしてテントで休憩。
Mayayaさんのマッサージをうけ、爆発しかけのふくらはぎがちょっと復活。

○7時〜
おおっちさん、まほうびんさんが元気に登場し、
早くみんなを助けてやってください!と声をかけすぐに走ってもらいました。
(この時点でまだ元気な人が残っていてよかった。まだここから6時間あります)
その後KG君も脚に限界を向かえ悔しいですがここで終わりにしてもらいました。
この辺りからおおっちさん、まほうびんさん、チカラさん、いっちゃんさん、つよし君の5人で回す。

そのころ自分はテントで休憩していて起きたらなんか立眩みがして
原因不明の吐き気に襲われます。(どうやら斜めテントで平行感覚がおかしくなって気持ち悪くなったみたいです)
まさかここにきて走れなくなるのか。かなり焦ります。
テントの外では走れなくなったakira君が今まで聞いたことないような大きい声でみんなを応援している。
まだ脚は残っているのにこんなところで終わるわけにはいかない。

○8時〜
残り5時間・・・まだまだ長いです。
18時間経過した時点で3位。4位との差は30分。
深夜のうちにかなり引き離しました。

kazuさん情報で2位の走好会Dreamが農大の走好会ということが判明。
それは強いわ。

ここからは急な気温の上昇も気になるところです。
元気なメンバーも快調に走りこの辺りは安定していました。

しかし自分は吐き気が治らず、
競技場を3周ぐらい歩いたりトイレにいったりてもよくならない。
とりあえず吐きに行ったが吐ききれない。
もう良くなる見込みがあるか分からないので
襷リレーゾーンに行ってみんなの様子を見る。

もう限界が近いながらもみんながんばって走っている。
なんとか走れる状態に戻さないと。

○9時〜
残り4時間。
4位との差もかなり開いて安全圏に入ったので後は大崩れせず走りきるのみ。
サプライズで遠くからよたろーさんも応援にきてくれてめっちゃうれしかったです。

このころよく見るとakira君がDreamj@cの人としゃべっている。知り合い?
よくよく聞くとRinさんの知り合いのチーム=Dreamj@cだったようです。
それを早く教えてください・・・そしてよろしくお伝えください・・・

この辺りではもう走れるメンバーが全員で総力戦になってます。
自分もちょっとでもみんなを楽にさせないとと思い、
まだ吐き気が少し残る中、途中で吐いてもいいと思い、走るのを開始しました。
走ってみるとちょっと気持ち悪いが脚は動く。
みんなの応援を力にかえて走る。そんなに走れてないと思ったら4'16"。
タイムは出ている。完全に感覚が麻痺してます。
この調子でなんとか最後まで行くしかない。

○10時〜
残り3時間。徐々に気温が上昇してきます。
この辺りは総力戦で大人数で回しているため回ってくる時間が少し長くなり余裕が出てきました。
あれ、今何人で回してる?8人。KG君、akira君は応援に回っている。maaさんは一時帰宅中。
ノゾミ君は?いつの間にか走ってない。そういえばさっきスタンドの裏で応援してたような。
ナカハルさん情報によると女子更衣室の前で寝てると・・・(何やってんだ)
とりあえず無視して他のメンバーで回す。

自分の番が回ってくる直前、まさかの手が痺れてくる。
けどもうリレーゾーンに立って前走者のまほうびんさんが来ている。走るしかない。
気温上昇による脱水状態になりました。しかし、給水ロスやペースを落とすわけにはいかないのでがんばる。4'27"
なんとかましなタイムで走れた。帰ってきてみんなに手が痺れてやばいというと、
T☆春さんが、電解質が足りないから補給したほうがいいよと言いタブレットをくれました。
すぐ食べて、水分補給してなんとか回復。危なかった。
なんとか復活し、調子よく走っていると、リレーゾーンにmaaさんがいる。
12時からしか来れないと思っていたのに1時間以上も早く来てくれた。
しかも顔色も復活し、足取りも軽快。さすがですね!頼りになります。

○11時〜
残り2時間。そろそろカウントダウンかな。
ここからは9人で回します。
みんな終わりが見えてきたので元気になってきてペースも上がってきます。
これは最後まで行けそうだな。ようやく気持ちが楽になってきました。
この時点では応援メンバーもたくさんになり、
競技場の出入り口でテントスペースにいるみんな。
スタンド裏の直線でかずみんさん。
200スタート地点の裏でぽっきー。
コース唯一の上りでKG君。
ラスト300mのきついところでYUSAさんとちあきちゃん。
もう手を抜けるところがないくらいの応援をもらい走ります。(←応援なかったら手を抜くというわけではないです)
ここにきてタイムも4'10"前後に上がってきます。
これはいける!

○12時〜
最後は一応監督ということで自分が走ることになりました。
ラスト10分間も襷リレーができないので3周走らなければなりません。
よって一回順番を飛ばしてもらい一時休息。
久しぶりにテントに戻るとノゾミ君がテント番をしていた。(生きていたんだね)
テントに入るとまた気持ち悪くなるので、
外に置いてあったいっちゃんさんのボンボンベッドで休憩。

その後、またリレーゾーンに行くとみんなラストスパートをかけていた。
チカラさんが笑顔で4'06"でたよ!と。
(この人あれだけ走って最後にここまで上げれるとはさすがサイボーグです)
そろそろゴール時間が近づいてくるころ、
サプライズでヒラケン様が登場!3位なら見にいくしかないやろうと来てくれました。
まさか代表まで見に来てくれるとは思ってなかったのでめっちゃうれしかったです。
ここで最後の襷リレーの時間がやってきました。
最後はつよし君とだった。24時間も走っていたのに今回襷リレーは初めて。
スタート前の状況からするとつよし君が一番初めにダメになると思っていた。
よくここまで走ってくれた。本当にありがとう!

走り出したらあまりに暑くて体が動かない。
けどみんなが24時間しっかり繋いできた襷の重みを感じながら走る。
会場に流れている音楽も僕の好きなEXILEのVICTORY。これ確かスタート時も流れてたな・・・
あの時がはるか昔に感じる。今の気分に申し分ない歌だ。
ラスト1周。もう暑すぎて汗かきすぎて目を開けるのもきついくらいだが、
みんなの応援をうけ最後の力を振り絞る。
23時間57分12秒。でゴールラインを通過。もう次の周はカウントされないからジョグに切り替え。
そして24時間たって初めて給水。ゲータレードだったんだと思いながらみんなの応援をうけて走る。
競技場に入るとみんながWindRunの旗を持ってラスト1周一緒に走ってくれる。
これがWINNINGRUNなんだと思いながら走る。
最後に別チームで24時間に出ていたのんちゃん登場!
みんなの最高の笑顔を撮ってくれました。

そして12人全員で感動のゴール!やりました〜!
みんなで健闘をたたえ合いハイタッチ!
最高の瞬間でした。ここまで全力を出し切ったのは初めて。
そしてたくさんの仲間と喜びを分かち合うことができた。
24時間リレーマラソン過酷ですが達成感が最高!
そして3位入賞!表彰台!目標達成!
本当に24時間いろいろありすぎて大変でしたが無事終われてよかった!
これも12人のメンバー、応援にきてくれたの皆さん、応援メッセージをくれた皆さんのおかげです。
本当にありがとうございました。

表彰式ではあんな大きい表彰台に立ったことがなくて賞状もらうときかなりにやけてましたね。
そしてトロフィーをもらったのはノゾミ君。(なぜ君が・・最後何してたっけ・・と思いながら)
みんなで記念写真。この瞬間のために今までがんばってきた。
本当にうれしかったです。
この企画に賛同してくれた頼れるメンバーみんなに感謝したいです。

その後、応援に来てくれたメンバーとみんなで集合写真。
そして胴上げまでしてもらいました。
本当ありがとうございました。


まだ来年のことは考えられないですがメンバーが揃ったら今度は優勝目指しましょう!



コメント