ブログ

Nothumb

東海と関西の練習会に参加してきました。

Noimage まほうびん 2010年 11月 01日 08時 33分
個人的にお話した方もいらっしゃいますが 昨日まで大阪に出張に行ってました。 9月、10月に申し込んでいたレースがすべてDNSになりましたが… せっかくの機会なので、他の地区の練習会に参加してきました。 9月は東海の練習会に行ってきました。 http://picasaweb.google.com/tigermahoubin/30km?authkey=Gv1sRgCLHbzZXB3LThSQ# この日は30キロ走の日で、個人的にもフル前のよい練習になりました。 そして、この日がyuuさんの最後の東海での練習会ということで 全く関係ない人間がひとり、貴重な場面におじゃましてしまいました… 東海のみなさんは走力があって、まとまりもあっていい感じだなと思いました。 (せっかく集合写真を撮らせてもらったのに、アップが遅くなりすいませんでした!) 10月は関西の練習会に行ってきました。 http://picasaweb.google.com/tigermahoubin/yJMjDD?authkey=Gv1sRgCI3MzIz1vYjRzAE# 川嶋さんが10月から大阪に戻られるとのことで 送別会に行けなかった人間としては、川嶋さん会えるのがとても楽しみでした。 この日は他にも初参加の方が何人かいて、サークルがこれから大きくなっていく感じでした。 練習後の飲み会では、支部長のカカリチョーさんも合流し、楽しい会に参加させてもらいました。 その後もカカリチョーさんや川嶋さんと練習させていただきました。 関西では、サークルをかけ持っている方が多く、サークルのつながりが多いなと思いました。 最後に関西のみなさんが送別会を開いてくださり、なんか申し訳ない感じでした。 http://picasaweb.google.com/tigermahoubin/XDvImD?authkey=Gv1sRgCKWGwZCFhbbsEg# なんで申し訳ないかというと、ほとんど覚えていないからです。笑 東海、関西のみなさん、ありがとうございました。 今後は、川嶋さんが大阪に戻られたり、駅伝パーティもありますので みんなで地域を越えて交流を深めていけたらと思います。
Nothumb

高速レース

Noimage スパナ 2010年 10月 25日 08時 36分
長野県出身の者として、長野県の大会に出たらメンバーブログを書くことがお決まりの マナカナスパナ(ほくろがある方)でございます :-D ko-taと2人で出た場合は2人で1つの記事を書くわけですが、 今回はko-taが欠場したため、私スパナが1人で本日出場した諏訪湖マラソンのことについて 綴りたいと思います :pencil.gif: 去年年齢別で優勝しただけでなく、ko-taと1,2位を独占した地元のあづみ野池田ハーフマラソンが今年から開催されないこととなったので、代わりに秋の勝負レース(ハーフ)として2人が選んだのが、諏訪湖マラソンでした! 去年出た人から話を聞く限り、アップダウンがほとんどない高速コースと聞いていたので、目標は77分台,欲を言えば77分21秒(3分40秒/Km)を切ることでした。 -7月には小布施見にマラソンで80分を少し超えるタイムで20歳代4位入賞 -8月にはプチ山岳コースの富士吉田火祭りロードで90分切りを達成 -2週間前にはアップダウンの多い松島ハーフでまさかの80分切り とハーフに関しては明るい話題が尽きない自分! 若干風邪気味だったけど予定通りスタートラインに立ちました! 先日買ったピンクの腕時計にピンクのレーシングソックス、さらにナンバーカードもピンクだったのでピンクパワーを炸裂させようとして号砲を待つ。 そして10:00、号砲がなりました。 スタートラインを9秒で通過すると、最初の1Kmは3分55秒。しかし、そこから湖畔に出る4Kmまではラップタイムがかなりバラけてたので距離表示に若干ズレがあるように思えました。 そして5Km付近でokapさんを抜くと、18分22秒で通過! 5Km以降は3分30〜40秒/Kmにペースアップ :up.gif: コースはアップダウンがほとんどなかったため、これまでにないくらいの高速レースとして展開されていきました。 このあたりから脇の下に痛みを感じるが足は全然余裕だったのでペースは依然衰えない。 10Kmを36分23秒で通過すると、このあたりから76分台を意識しはじめました。 風もほとんどない状況だったのでそのままの勢いで残り1Kmを72分47秒で通過すると、ここで76分台をほぼ確信しました その残り1Kmが若干長く感じ、脇の下の痛みもあり松島ハーフのときみたいな切れ味のあるスパートはかけられなかったものの勢いを絶やさずフィニッシュラインに堂々と飛び込みました! 【5KmごとのLAP/SPLIT】 START:0分09秒/0分09秒 5Km:18分13秒/18分22秒 10Km:18分01秒/36分23秒 15Km:17分33秒/53分56秒 20Km:表示なし あと1Km:18分51秒/1時間12分47秒 FINISH:3分31秒/1時間16分18秒 ネットタイム:1時間16分09秒 手元の時計は76分20秒だったけどあとで掲示板で確認した記録は76分18秒 :shine.gif: これまでなかなか更新できなかったハーフの自己記録をちょうど1年ぶりに、しかも一気に2分46秒も更新してしまいました! つい11時間くらい前まで雲の上のような存在と思っていた75分台に20秒まで迫る好記録、しばらく抜けなさそうです(笑) ちょうど長野マラソンにエントリーできたことも追い風となり、またハーフに関して明るい話題が1つ増えました! 最後に、参加されたokapさん,たつさん、お疲れさまでした!
Nothumb

【東海地区駅伝部 第二戦】中山道東濃駅伝への道

Mini img 20160108 134600 yuu 2010年 10月 23日 09時 53分
11月21日(日) 第57回中山道東濃駅伝 東海地区駅伝部の第二戦まで1ヶ月を切った。 感動の初戦を飾った西濃駅伝から8ヶ月。 いよいよ第二戦が近づいて来た。 今回の駅伝は西濃駅伝とは大会のレベルが格段と上がる。 さらに繰り上げの時間も10分〜15分と厳しくなるのだ。 しかし、 レベルはWindRunも上がっている。 今回は現状で東海地区が揃えられる、 最強のメンバーとなるであろう。 それでも襷を繋げられる可能性は10%以下・・・ 今のレベルでは甘く見積もっても厳しい。 これがあと1ヶ月でどこまで伸ばすことが出来るかは、 個々の練習に掛かっている。 今回もガチ駅伝!! 愛知リレーマラソンやアクトス6時間リレーのファンランとは違い、 「楽しかったね」だけでは終わらせることが出来ない大会だ。 出場するからには目標を掲げたい! そう、僕が考えた目標は・・・ [size=large]『最終区間まで襷を繋ぐこと』[/size] 先程言ったとおり、可能性は相当低い。 でもゼロではない。 それなら目標にするっきゃないでしょう!!! そしてヤルしかないでしょう!!! それから、 今回も選手だけでは乗り切れない駅伝です。 どうぞサポートの皆さんと一緒に襷を繋いでいきたいと 思っていますので、力を貸して下さい。 また、当日現地に来られないメンバーの皆さんからも、 応援していただけると選手も励みになりますので、宜しくお願いします。 前のブログに書いたのですが、 駅伝に関してはつい熱くなってしまうので、ご了承くださいね(^_^;) さあ、残り1ヶ月。 1本の襷を繋ぐ為、練習に励んでいきましょう! ※選手の頑張りがこちらの掲示板で見れます。↓ http://windrun.net/modules/d3forum/index.php?topic_id=753 ※こちらの掲示板からも熱い応援を宜しくお願いします。↓ http://windrun.net/modules/d3forum/index.php?topic_id=451  
Nothumb

大好きな東海地区からしばしのお別れ

Mini img 20160108 134600 yuu 2010年 09月 28日 23時 18分
2010年9月26日 肌寒く小雨が降っていて、今の寂しい気持ちを表しているようだ。 名古屋駅近くにある「壁の壁」という居酒屋へ小走りで向かうと、 店の前ではナカモさんが待っていてくれた。 ナカモさんは5月くらいからずっと送別会のことを気に掛けてくれていた。 滅多にやらない幹事だから、と不安がってもいたかな。 店の中に入ると欧風の小洒落た雰囲気で、 外とは一転とっても温かみのある感じがした。 一番奥まで行くと、この日のために30人の東海地区メンバーが集まってくれた。 この人数は東海地区で開催するビッグイベントと同等なのだ。 この光景を見れただけでも嬉しかった。 僕は幹事をいくつかやってきたから多くの人達と交流することが出来たけど、 それはホントに何か見返りを求めていたわけでもなく。 ただ企画して動いているのが楽しいという自己満でもあった。 だけど、 この日は沢山の人達から『ありがとう』という言葉を貰い、 僕はこの言葉を聞けるから幹事を好きでやっていたんだなぁ、 と改めて思った。 送別会が始まると、マイクを通してナカモさんが進行していくのを見て、 これはただの飲み会ではないことを悟った。 その場に到着するまでは、いつもの飲み会な感じかなと思ってしまっていた。 (すみません m(__)m ) こんな失礼なことを考えていたにも関わらず、 皆からは序盤から終わりまで嬉しい贈り物のオンパレードでした。 まずは、 にゃお作のアルバム、 めぐやん&にゃお作のTシャツ、 そして、綺麗な花を貰った。 [b][size=large]↓『皆からのメッセージや、想い出写真が沢山♪』[/size][/b] [img align=left]http://windrun.net/uploads/img4ca1413107e62.jpg[/img] [img align=left]http://windrun.net/uploads/img4ca143b1a5aad.jpg[/img] [size=xx-small][color=FFFFFF]a[/color][/size] [b][size=large]↓『大好きなONE PIECEの名シーンをプリントしてくれました♪ ↓(真ん中はだいさんとにゃおの愛犬がモデルのようです)』[/size][/b] [img align=left]http://windrun.net/uploads/img4ca143e6059c0.jpg[/img] [size=xx-small][color=FFFFFF]a[/color][/size] 続いては、 全員からの一言メッセージを貰った。 とある団体さんはビックリするくらい短かったけどね(^_^;) [img align=left]http://windrun.net/uploads/img4ca144239f61d.jpg[/img] [size=xx-small][color=FFFFFF]a[/color][/size] そんでもって、 だいさんから大きな額に入った写真のプレゼント&メッセージ。 もうイイ加減、涙が出そうだった。 [b][size=large]↓『ガチで挑んだ西濃駅伝!(50cm×40cmくらいの大きさ)』[/size][/b] [img align=left]http://windrun.net/uploads/img4ca144518ae65.jpg[/img] [size=xx-small][color=FFFFFF]a[/color][/size] あとあと、 帰り間際にナカモさん&グレさんからも! [img align=left]http://windrun.net/uploads/img4ca145f72c302.jpg[/img] [size=xx-small][color=FFFFFF]a[/color][/size] 皆から沢山貰い感激し過ぎて、 最後の挨拶は何を話そうか飛んでしまったよ。 ホント感謝の気持ちが溢れんばかりで、 言葉には上手く出せなかったかもしれない。 メンバーの顔を見ながら話しをしたかったけど、 もう泣く寸前だったのでちゃんと見ることが出来なかった。 それでも、だいさん、ナカモさんにはどうしても きちんと感謝の気持ちを伝えたかったから、顔を見て話したけど、 やっぱり言葉が詰まってしまった。 挨拶でも話したことで、 WindRunは僕にとって人生を変えるキッカケを 作ってくれたところ。 さらに、これは周りに言っていないけど、 将来のやりたい方向性を見出したのは、 東海地区練習会終了後のちょっとしたおしゃべりの中から。 WindRunに入らなければ、 東海地区のみんなに会わなければ、 今の自分に夢や目標なんて持てなかった。 ありがとう、という言葉だけでは足りないくらい、 感謝をしています。 3年間で多くの東海地区メンバーから支えてもらい、 色んな所に出掛け、沢山笑い、 楽しく走り、時には一生懸命になり、、、 ここでの想い出は宝物です。 めぐやんが日記で書いてくれていたことで、 送別会なのにずっと和やかな雰囲気だった。 これは数人のメンバーが言ってたけど、これでお別れではない。 もちろん僕もそう思っている。 どこに居ても軽く顔を出すのが僕の真骨頂だから。 会える回数は少なくなるけど、 僕が好きな言葉で表すと・・・ 今日も明日も『同じ空の下』で皆過ごしている。 そう思えば少しでも寂しさは和らぐかな。 「さよなら」ではなく、 「これからもヨロシク」がピッタリな感じですね。 最後に、 皆にも一言ずつお礼を言いたかったけど、 今回はヒラケンさんのお株を奪わせてもらい、 東海地区メンバーへ僕からのプレゼントを贈ります。 ↓ http://windrun.net/modules/d3forum/index.php?post_id=24312 ※掲示板を経由しています
Nothumb

勝負は15Kmから

Noimage スパナ 2010年 08月 27日 08時 49分
8/22、富士吉田火祭りロードレースに出場してきました! 昨年に引き続き今年もハーフに参戦 :shine.gif: 今回の目標は90分を切ること! [size=large][color=FF0000]ちょっと待って[/color][/size]:sign02.gif: 自己ベストが79分04秒で先月の小布施でも80分23秒で走ってるやつが 何で目標が90分を切ることなんだよ? 実はこの火祭りロードのコース、アップダウンが激しくきついのが特徴で 平地のコースで走るよりも10分以上時間を要するくらいです。 去年はあまり調子がよくない状態で92分24秒で走り切り それから好記録を続出しました! なので今年は90分を切って秋冬のレースへ弾みをつけることを 目標としました! それからもう1つ、フルで30Km以上で勝負に出ることをイメージして 15Km以降の上り区間が勝負と睨んでいました! そして9:50にスタート! 4Kmあたりまでは上りがメインなので4分30秒〜5分00秒/Kmで入っていく。 スタートしてしばらくはko-taが自分より前を走っていたけど 上りで一旦抜く。 上り終えて最初の下りに入るとko-taを含め何人かに抜かれていくが 下りでは無理にペースを上げすぎずにいくようにペース配分を考えていました。 最初の5Kmは22分20秒と予定より10秒ほど速く通過する! 富士五湖道路の側道に入ると再びko-taを抜きペースも序々に上げていく! 10Kmの通過は41分53秒。この5Kmは20分を切っていました。 この部分の折り返し区間ではこれからすれ違うメンバーを見つけては 声をかけていく。このあたりは体も脚もまだまだ余裕でした。 しかし11Km付近で右側の靴ひもがほどけたため30秒ほどコースアウトして その間にko-taにまた抜かれていきました。 そしてまたko-taを抜いて再び下りに入る。 下りが終わる14Km付近でウエストポーチに入れておいたカーボショッツを飲み いよいよ15Kmからの上り区間に入る。 ここからが本当の勝負区間としていました! 15Kmを62分30秒で通過するとここからペースが落ちはじめるが それでも必死に前へと進みました。 ときどき時計を見ながら90分を切ってゴールするには どれくらいのペースで走ればいいかを考えていく。 残り2Kmでこっしーさんを抜いてWindRun内でトップに立つと いよいよ公園に入りトラックに入って88分28秒で堂々と目標を達成して FINISHラインに飛び込みました! このコースで90分を切ったことは平地のコースで80分切ることと 同じくらいの価値があります! つくばマラソン2時間50分切りに向けた2番目のレースも好記録を残せました! また[color=00CC33]WindRunのガチバトルブラザース[/color]と化した中村兄弟の兄弟対決も 13Km付近までの間に5回も攻守が入れ替わるくらいの接戦だったけど 15Km以降の上り区間だけで一気に3分差をつけて 久々に白星を飾ることができました! 【5KmごとのLAP/SPLIT】 5Km:22分20秒/22分20秒 10Km:19分33秒/41分53秒 15Km:20分37秒/1時間02分30秒 20Km:21分30秒/1時間24分00秒(概算) 10月には松島ハーフと諏訪湖マラソンと2本ハーフに出場するわけだが 松島は仙台観光も兼ねている旅ラン、とはいえ陸連登録の部なので80分前後で、 本命の諏訪湖で77分あたりを目標に希望が膨らみました! あとで掲示されていた記録を見ると600人近くのなかで 19位で6位入賞と10分差もなく大いに自信のもてるレースでした! 早くも秋冬シーズンが楽しみになってきたレースで 今後もアップダウンのきついコースが 私にとってやみつきになりそうです! 最後に団江さん、とりまとめありがとうございました! 出場ならびに応援に参加されたみなさま暑い中お疲れさまでした :notes.gif:
Nothumb

San Francisco Marathon 2010

Noimage ちゅう3 2010年 08月 03日 16時 11分
サンフランシスコマラソン、走ってきましたよ〜♪ [img]http://windrun.net/uploads/img4c5741191a176.jpg[/img] そもそも走ろうと思ったきっかけは、まとまった量のマイレージが期限切れを迎えるのを 前に海外に遊びに行こう。どうせなら海外のマラソン大会にもでちゃおう、と思った所 この時期のこの大会が目に留まりました。 なんでも、あのゴールデンブリッジを走って渡れるというものでしたし、サンフランシスコへも 一度旅行していたので勝手が判っているというのもあり、今年の1月位に即エントリーしました。 時期的にフルを走るのは辛いかなぁ、と思いつつ現地入りしたのですが、太陽がサンサンの晴天 なのに涼しい気温。 もともと夏も最高気温は20℃前後なんですね。 コースはこんな感じでした。  スタート〜 5マイル :フィッシャーマンズワーフもある海岸脇をひたすら  5マイル〜 9マイル :ゴールデンブリッジを往復する区間。橋へのきつい登りあり  9マイル〜11マイル :アップダウンが頻繁にあるプレシディオ地区 11マイル〜13マイル :フラットな住宅地 13マイル〜19マイル :広大なゴールデンパーク内をひたすら 19マイル〜24マイル :どちらかと言うと下り基調の住宅地 24マイル〜ゴール   :ベイサイドにでてスタート地点に戻る。途中大リーグの球場脇を スタートはまだ暗い午前5時。寒いのに皆ランシャツ・ランパン。 CWX的な装備をしている人はまーーーったく見かけませんでした。 海外ではCWXって流行っていないんでしょうか。 そして仮装している人も全く見かけない感じで、なんか空気がガチな雰囲気。 そんな中で目を疑ったのは、ランパンだけで靴すら履いていない数人のメンズグループを発見! なんだ、冷やかしもいるんだwと思っていたら何とこの人たちが早い早い! スタート直後からすごいスピードで走って行きました。決して状態が良くない道路を裸足でフルを あのスピードで走るなんて、恐るべしUSA! このメンズだけではなく大勢の爆女ランナーにも前半で置いていかれました。 ワタクシもゴールデンブリッジを走り終わるまではまあまあのペースで走っていたつもりでしたがこの地点でレディースに 抜かれるとは、、、ちょっと凹みました。 それにしてもゴールデンゲートブリッジに入る直前の急激な坂はえげつない感じです。 富士山麓24時間リレーに出場した人は判ると思うのですが、例の坂の傾斜が4〜500メートル位続くのです。(まあ個人の感覚ということで) それでも普段トレイルとかで鍛えられたのか、抜いていったランナーをこの坂で相当抜き返すことが出来ました。 橋そのものは早朝ということもあり、霧で囲われていて眺めは良くなくただひたすら走るだけでした。 サンフランシスコの夏の午前中は天気が良くないみたいですね。 橋を走り終わってからのアップダウンですでに足が終わってしまい、あとはペースを落としてのんびり走る展開に。 沿道の応援はそれほど多くないですが、途切れることはあまりなくノリの良い応援に元気つけられました。 また走っているランナーからも「あと2マイルだから頑張れ!」なんて抜かれるときに声をかけてくれたり。 途中普段なら足を踏み入れなさそうな危なさそうな地域もあったみたいですがそんな風景すら楽しみながら何とか完走することが出来ました。 完走メダルもかなりでかくて、なんか嬉しくなりました。 [img]http://windrun.net/uploads/img4c5741dd6ac87.jpg[/img] コースを振り返ってみるとやっぱりアップダウンがきついコースと思います。 NAHAマラソンの場合は前半登りで後半下り、と明確に分かれていますがこのコースは途中々々で登り下りが織り交ざっています。 後半の下りで足が辛い感じの場所もあり、下りなのに歩いてしまう、という場面もありました。 そして、何といっても日本人ランナーが少なく、他の海外大会であるホノルルとは全く雰囲気が違いました。 大会の運営もしっかりしてたし、サンフランシスコ自体は好きな街なのでまた機会が有ったら走ってみたいと思える大会でした! その他の珍道中っぷりについては別途あらためて・・・w あ、allsports的なサイトがこちらですのですので走っている姿はこちらで観れます。 http://www.marathonfoto.com/start_cobrand.cfm?RaceOID=27892010M1&Language=en&BFI=d4ufiie31z&Frames=true&Flash=true&FlashVersion=8 &Height=1050&Width=1680&Index2Home=true Lastname : TODA Bib Number:20270
Nothumb

日本一への挑戦

Noimage カタヒ 2010年 07月 26日 08時 26分
7月23日は第63回富士登山競争に参加してきました。 この大会は去年が初参加でしたが、あいにくの雨で山頂コースが中止になり、5合目までしか走れませんでした。 毎年出るつもりは無かったですが、やはりこのままでは終われなかったので、今年こそは山頂を走るべくエントリーしました。 スタート地点の富士吉田市役所で、5合目コースにエントリーしていたサークルメンバーのみやくんと合流。 [img]http://lh3.ggpht.com/_lvvMQOd2QeY/TEw-a5nbh8I/AAAAAAAAA0c/cvv5Nm6Ooqo/s360/NEC_0121.JPG[/img] 本当は山頂コースを走りたかったみたいだけど、今年からエントリーには5合目を2:30以内に通過するという条件がつきました。初参加のみやくんは、まず5合目コースを走る必要があるのです。 そうこうしているうちにスタート。最初5kmくらいは軽い登りのロードを走ります。 富士登山競争は後半道が細くなり渋滞することが多いので、最初はやや飛ばして前の方を走りました。 その後、トレイルコースの馬返しに入り、走りにくい道を登ります。 このコースの後半では両方のふくらはぎがつりかけて少し苦労しました。 5合目に到着。タイムは1時間46分と、去年より速く着いたので驚きました。 距離は3/4終わっているのに、コレ以降は同じくらいの時間がかかります。ここからが本番です そして最大の敵は、7合目で待っていました。 そう、高山病。 富士山に行く度に軽い高山病にかかっているので嫌な予感はしていたけど、やはりきました (x x) 走りながら気を抜くとフラフラ倒れそうになります。 スピードも急激に落ち多くの人に抜かされました。 さすがにマズイと思い一旦止まり、7合目の山小屋でペットボトル(\500)を買って、持っていたパワーバーと共に補給。 おかげで多少回復して、前に進めるようにはなりました。 その後も7〜8合目で高山病は周期的に襲い掛かかり、 走れるようになったと思ったらまたフラフラ意識が遠のきそうになっての繰り返しです。 しかも、両ふとももの内側(内転筋)が今まで経験したことないような激しいつり方をするおまけつき。 この時はレース中に走れなくなるかと思いました (^^;) 9合目以降はフラフラしながらも、意識をしっかり持つよう集中して走りました。 人間、最終的に大切なのは根性でした。 結局3時間50分58秒でゴール。 [img]http://lh4.ggpht.com/_lvvMQOd2QeY/TEw-Lvnp6UI/AAAAAAAAA0M/YPqw_MLiwB0/s360/NEC_0123.JPG[/img] 走りきった安堵感があったのと、あまりにも辛いレースだったのとで、ゴール後に少し涙ぐんでしまいました。 山頂ではメイドさんが私設エイドを出していました。 エイドにはずいぶん凝った手料理がおいてありました。 [img]http://lh5.ggpht.com/_lvvMQOd2QeY/TEw-McNbGZI/AAAAAAAAA0Q/oJYzd0ua-RM/s360/NEC_0124.JPG[/img] 山頂にメイドがいること自体があまりにも面白かったので、写真を1枚撮ってもらいました(笑) [img]http://lh6.ggpht.com/_lvvMQOd2QeY/TEw-NgC_v9I/AAAAAAAAA0U/PiJh94K9Pzo/s360/NEC_0125.JPG[/img] 富士山の火口にて。 山頂でしばらく休み、高山病も落ち着いてきたので下山。 下山は砂利道が延々と続きます。下山には1時間半以上かかるうえにシューズがダメになるというオチでした。 5合目まで下山し、そこからバスでスタート地点へ。その後はみやくんと合流して昔ながらの温泉へ行きました。 来年も出ますか?と聞かれたとき、色々辛かったことを思い出し思わず「5合目までなら、、、」と言いました。 [img]http://lh5.ggpht.com/_lvvMQOd2QeY/TEw-OZQf_pI/AAAAAAAAA0Y/tzJQ4P0exVo/s360/NEC_0127.JPG[/img] 翌日のトレラン合宿にて撮影。よくあんな所を登ったというか。
Nothumb

第1回東海地区合宿〜初夏の想い出 最終日〜

Mini img 20160108 134600 yuu 2010年 07月 24日 22時 12分
<7月19日(月) 合宿3日目> 5時。 昨日は遅くまで起きていたが、ほぼ全員集合した。 皆スゴイなぁと思っていたら、既に4時から KGくん、ぽっきーちゃんは走り始めていた。 関東地区メンバーは違うなぁ、と皆は感心していた。 朝ランはコースを逆走して開始。 朝もやが掛かった恵那峡はチョット神秘的な一面を魅せた。 9時。 ここでサクくんも合流して、午前ランはミニ駅伝を行なった。 皆楽しくね、と言いつつ流石はランナー。 始まればガチレースとなった。 元気なサクくんには3回走ってもらい、バテるかなと思ったが、 予想を覆してサクくんチームが優勝した。 駅伝終了後、宿までの帰宅ランの上り坂では、 めぐやんとyumiさんが「ヒップアップ」という不思議な掛け声を出しつつ、 最後のランを楽しんだ。 13時。 最後に集合写真を撮って宿をあとにした。 それから皆で昼食へ。 ウナギが食べたいという声が挙がったので、 近くにあるウナギ屋へ向かうことにした。 疲れきった体には丁度良い栄養補給になったかな。 14時30分。 最後に自分から一言話させてもらい、解散をした。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ホントに今回はドタバタした所が多く、準備不足が否めなかった。 それでも皆から「ありがとう」という言葉をもらえるのは、 とても嬉しいことです。 合宿中は皆の楽しそうな様子を見ているだけで 幸せな気分になれた自分がいた。 東海地区メンバーの笑顔を見れることが僕の原動力になっている。 ホントに、ホントにやって良かったと思う。 この第1回がこれから先、2回、3回の合宿の糧になることを願います。 最後に、無理難題を沢山受けていただいた、 名鉄観光さん、民宿おおくらさんに心より感謝をします。 [img align=left]http://windrun.net/uploads/img4c4a651a1ba5f.jpg[/img]
Nothumb

第1回東海地区合宿〜初夏の想い出 2日目〜

Mini img 20160108 134600 yuu 2010年 07月 24日 22時 08分
<7月18日(日) 合宿2日目> 4時。 僕はKGくんを迎えに行く為、皆より少し早めに起床。 5時。 宿に残り組は先にランを開始してもらい、 30分後にKGくん、yuuが合流。 愛知からたった1時間で来れる場所なのに、 朝の気持ち良さは全く違ったものでした。 走らないと少し肌寒いくらいの気温。 恵那峡の素晴らしい一面を垣間見れた。 7時〜9時。 朝食では『ぽっきー盛り』という流行語になりそうな言葉が生まれ、 お腹いっぱいになった状態で合流組を待つことに。 ほどよくメンバーが到着し、宿は一気に賑やかになった。 9時30分。 午前ランの開始。 朝の涼しさが嘘のような、猛暑。 ランは4つのグループに別れ、それぞれ下見に行ったメンバーに 先導してもらい、各々のペースで走り始めた。 1周10Kのコースなので、走り始めると給水が難しいという欠点があり、 次回の大きな反省点となった。 昼。 午前ランが終了後、BBQの買い出しをする為に、 rommyさん、ヤヨイさん、yuuでスーパーへ出発。 ここで失敗したことが何点か。 買い出しに時間が掛かってしまい、宿からBBQ会場へ行く 出発時間に間に合わなくなり、先に移動してもらうことに。 しかし、宿から送迎してもらう予定だったのだが、 運転手の方は道を知らないというアクシデント発生。 なんとか携帯電話のナビ機能で到着し、 僕が着くまでに受付を済ませて貰おうとしたが、 またまたアクシデント発生。 受付の方と話しが噛み合わないということが起こったようだ。 その後、自分が受付に行くと、下見に来たときのことを 覚えていてくれたようで、すんなり話しをつけることが出来た。 今回は急ピッチで進めた企画だったので、 全て僕持ちの役割となったことが今回の失敗でした。 ここでもドタバタとしてしまった。 火おこし等の準備は皆が率先してやってくれたので、 予想よりも早く始めることが出来た。 (何人かは我慢できず川へ遊びに行ったようだが(笑)) BBQからはカツさんファミリーも合流し、総勢28人となった。 このBBQの功労賞は間違いなくrommyさんである。 自宅で取れた野菜を沢山持ってきてくれて、 その中でも漬けた野菜は絶品でした。 美味しい肉と野菜で満腹となった後は、 目の前にある川へ入りに行った。 さすが山から流れている水だけあって冷たい。 だけど暑い日差しとマッチして心地良い感じです。 カツさんの娘さんのしぃちゃんも、生まれて9ヶ月目にして、 初の川遊びをしてくれました。 スイカ、パイナップルを最後に堪能し、BBQは無事に終了しました。 夜。 夕食は昨日と違って大勢で宴会場を使い、 まだまだ楽しい一時は続いていきます。 夕食後。 宿の駐車場を借りて花火をしました。 またまたカツさんの娘さんのしぃちゃんは、初の花火を体験。 ここでの敢闘賞はKGくんであろう。 まあ、1人で盛り上げてくれたところに 誰も付いてこなかったという結果にはなったが(笑) 二次会。 男性部屋に集まり、まだ余力のあるメンバーで開始。 ここでは女性陣から質問攻めにあう生け贄となったグッチくんが、 よく頑張ったと思う(笑) 24時。 さすがに限界となったメンバーはそれぞれの部屋へ戻り就寝。 「走り半分、遊び半分」というコンセプトどおりにいけていると良いな、 と思いつつ眠りについた。 [img align=left]http://windrun.net/uploads/img4c4a66ac7f5dc.jpg[/img]
Nothumb

第1回東海地区合宿〜初夏の想い出 初日〜

Mini img 20160108 134600 yuu 2010年 07月 24日 21時 54分
めちゃくちゃ楽しかった合宿から5日が経った。 またあの日に戻りたいと思えたのはいつぐらいぶりだろうか。 東海地区お嬢様2人がぼそっと放った一言。 「東海地区でも合宿やらないの」 実は合宿をやろうと決意させたのは、この言葉が決め手だ。 しかし、だいさんに提案したのは5月中旬。 既に2ヶ月前のことだった。 急ピッチで準備してかなり疲れたけど、、、 ホントにやって良かったと思える3日間になった。 <7月17日(土) 合宿1日目> 午前。 前日までの多忙な日々により、全く準備が出来ておらず、 ドタバタなスタートとなった。 予定よりも出発時間を3時間以上も遅らせ、 先行き不安な合宿が始まった。 夕方。 宿に到着して一呼吸入れたら、さっそくラン。 この日は1K毎にコースへペイントをしながらゆるりジョグ。 コースは6月にだいさん、ナカモさん、にゃおで下見を していたんで、間違えることなく走ることが出来た。 途中の恵那峡大橋、大井ダムを眺めながら、 半ば観光気分であった。 初日からの参加は、はっくるさん、nishiyamaさん、ぽっきーちゃん。 走力のあるメンバーだったので、少し物足りなかったかなぁ、 と思いつつ、コースのペイント、ミニ駅伝コースの下見に 付き合って貰って感謝でした。 夜。 大きな宴会場にたった4人で夕食という感じは、 なかなか味わえない贅沢でした。 夕食後。 男性部屋にぽっきーちゃんを迎え、二次会を開始。 途中からは「踊る大捜査線」を集中して観ていた3人。 「刑事ものは嫌いだ」と言って、1人ビールを ぐいぐい飲んでいたはっくるさん。 24時。 最後まで「踊る大捜査線」を観てしまい、気付いたらかなり遅い時間に なっていた。 翌朝も早いので急いで就寝。 たった4人で宿を貸し切りにしていたから、 かなり落ち着いて過ごすことが出来た。 明日からは総勢28人となり、にぎやかな1日になるだろう。 [img align=left]http://windrun.net/uploads/img4c41b0b7a7813.jpg[/img] [img align=left]http://windrun.net/uploads/img4c41b115e9384.jpg[/img]