ブログ

Nothumb

「一期一会」の信越100km

Mini   ねこた 2009年 10月 04日 00時 47分
信越五岳100kmトレイル2009/9/22-23  もう走らないだろうと思っていた100kmを走るときがきた。 日本でも有数の100kmトレイルレースとなる初開催の大会なる大会。 仕事柄の興味か迷わずエントリーしてしまった。しかし、後悔はしない結果となった。 まず100kmという長い距離でも、カタピラさんと会社の人もいて、 孤独ではなかった。 そしてなによりも世界のトレイルレースでは採用されている「ペーサー」の存在。 「ペーサー」は押したり、手をかさない限り他のサポートはすべてしてくれ、66kmから後半34kmを一緒に走ってくれる。 前日のウェルカムパーティーは、関係する多くの関係者の挨拶は長かったものの豪華な地元料理があった。 当日は朝5時30分スタート。スタート会場に移動し、初めてペーサーと顔を合わせる。 ペーサーの方はベテランウルトラランナーでサブスリーの走力があった。 自分のベストタイムを伝えると「66kmまでボロボロになってきてね(笑)」と・・。  なぜか小雨が降り始め、スタート地点につく。10カウントダウンを選手応援スタッフ全員で行い一斉にスタート!    最初のうちは「とにかく余裕で」ということを心掛け、10km1時間ほどのペースで進む。1年前走った斑尾高原トレイルレースのコースをなぞるように斑尾山を登る。 何と山頂には1年前お世話になったペンションのオーナーがスタッフをしていて声をかけられる。約1年ぶりの再会でまさか覚えていてくれていることに感動する。  30kmをこえ、斑尾コースから信越のコースへ。まだ余裕で走れる。順位は10位くらいで走る。50kmを超える。やっと半分と思い、さすがにいつものようにお腹が消化不良か痛くなる。 カラダも疲れてきているが、こまめな補給でエネルギーはもっている気がした。  60km。とうとう足がきつくなり歩いたり走ったりという状況になる。もうエイドステーションが楽しみでしょうがない。あるエイドステーションでは、おばさまに逆ナンパされ、また果物など楽しみながら走る。 66kmは大きなエイドステーション。多くのスタッフ、家族が応援してにぎやかな雰囲気。そこから「ペーサー」がつく。  動かない足をマッサージされながら報道のインタビューに答えた。 「いつで会ったのですか?」「どんな関係ですか?」 「よし!」という気持ちで2人の旅は始まる。 とはいっても、すでに限界にきている足では登りはひたすら歩いて、くだりは走る。 80km地点までは2人で様々なことを話しながら走る。 自分のこと、ペーサーさんの娘が自分と同い年なこと、100kmをたくさん出ている方ということ。それにしても若々しい、かっこいいおじさまだった。 そんな2人旅も後半は戸隠神社を超えると、最後の山に。 本当にきつい山を最後にもってきたなあ。という感じ。もはやふらふらでのぼり切るとそこからは景色が広がる。 「あとは下り」 その下る途中にとうとう暗くなり新しいヘッドランプをつける。 まっくらな山は怖かった。今後あまり走りたくないかも・・。 最後コースを間違えてしまい、2つ順位を落としたがそんなの関係ない。 2人で「もう終わるのさびしいね」と言いながら快調にとばしすぎたのだ。 最後フィニッシュは2人でがっつポーズ。そして熱い握手。 きっと2人でなかったら完走出来なかったかも。またつらかったというのは確かだろう。 本当に見知らぬ方に会ったその日に34kmのトレイルを一緒に走り、「一期一会」の100kmだった。 初回でこの完成度の大会を開催した主催者、石川さんを尊敬し、また来年出ることになるかはわからないが今後発展していくレースだろう。
Nothumb

下町見にサイクリング

ナカハル 2009年 09月 26日 16時 40分
かなりローカルで恐縮です! 最近地元ランが盛り上がってきてますね? 皇居ランの時に地元ランの話が出て 「みなとみらいは参加できないけど、電報でも打っておこうか!、」 「本当おしゃれですよね?」 なーんて、常磐ラン発起人団江さんと話してたりして 常磐ランは参加したいけど、距離が…とか参加できずあるんだったら ちょっと東京よりで… 「あ、下町どうですかね?、浅草両国亀戸あたりで常磐ランのしもべとして(笑)」 これがきっかけで、東京下町の、ほにゃららランにむけて こそこそ動いてきました。 でも正直、もっと早く気づいてれば良かったな!と思いました。 独り暮らしするなら、川が近くにあるところで! それで隅田川と荒川2つもあるのに、なぜか近い荒川のサイクリングロードを 走ることが多くてマンネリしてたとこでした。 でも考え始めるとなんだかワクワクしてきました。 引越しでもらったまんまだった区役所の書類の中から 「すみだガイドまっぷ」をみつけて見て驚いたのが 公衆浴場「ゆ」マークの多さ。 ますます下町らしさにワクワク朝早くから、色々と回りたくてチャリで行ってきました。 ・なるべく信号が少なくて歩道が狭くないところ ・せっかくだから観光気分と景色がよさそうなところ ・墨田区が案内しているランニングコースはどうなのか 以上を頭に入れてブラブラ、天気は秋晴れ ここどうかな?とチャリをこいでると ドドーンと新タワーが見えてまだ下のほうだけしか完成してないのに かなり存在感ありました! 赤い吾妻橋を渡って浅草に入って台東区側の川沿い、 隅田公園に入ってみました。 ここは頭になかったのですが、金の塊タワー、新タワーを見ながら桜?イチョウ?並木道or川沿いのデッキを走るのが良かったです 「いいんじゃなーい♪!?」連発してました。 その後2.5km先の白鬚(しらひげ)橋を渡って 都立東白鬚公園で園内約2.2kmのランニングコースを周りました。 少し軽いアップダウンがあって、距離表示もほぼありました。 園内はもちろん、隅田公園も緑が多く、その周りには神社もあって 首都高、高層ビルを眺めながら、隅田川を通る貨物船の汽笛も聞きながらのラン 荒川で走ってる場合じゃないと痛感しました。 期待していた区のランニングコースは ちょっと途中までがコースとしてよいかなと判断。 けど全体的にかなり満喫させてもらったところでした 寄ったお茶屋の牛すじまんで小腹を満たして 最後銭湯めぐりに行ったところ、行く先々のお店が閉まってて 昼はまだ早過ぎたようでした(>_ なんだか観光レポのようになってしまいましたが 実際平日でも走ってる方はあちこちいましたね? あとはもう少しコースを具体的にして、 団江さんに距離計測をお願いしたり等で ネーミングも決まるかと思います。 私はさっそく隅田川にチェンジして今度はランで走るつもりです。 そしてまた、こそこそ動くと思います!
Nothumb

日本一過酷なウルトラマラソン、より過酷な100km

Noimage カタヒ 2009年 09月 25日 03時 01分
連休はねこたくんと「信越五岳トレイルランニングレース」に参加してきました。 そもそもこの大会に出ようと思った理由は、5月に野辺山100kmを完走した後、 何か他のウルトラに出たいと考えていたところ、ねこた君に誘われたのがキッカケでした。 トレイル練習には何度も参加しているけど、実はトレイルレースに出るのは初。 初トレイルで100kmですか!?とツッコまれました(笑) まあ、日本一過酷なウルトラマラソンと言われる野辺山を完走できたし、 何とかなるかなと思ってレースに挑みました。 レースは5:30にスタート、朝(夜中?)の3時に起床しました。 スタート前の元気な時の様子 [img]http://lh5.ggpht.com/_lvvMQOd2QeY/Sr87_lm_L_I/AAAAAAAAAVw/KSNLdSmAqpE/s288/CIMG2171.JPG[/img] 五岳といいつつ、実際に山頂まで登るのは最初の斑尾と最後の飯綱の2つの山、 残りの3つの山はその途中まで登ったり周りを走ったりするコースです。 スタート後、最初の20kmで斑尾の山頂まで走り歩きます。 ここまでで体力の大半を奪われた感はあり、山頂から下界の風景を眺めながら 「あと80kmもあるのか、、、」と少しだけ不安になりました。 と、その後は体が目覚めたのか調子が上がってきます。 ゆるやかな下りを走ったり、急な上りは歩いたり、途中のエイドで食料や水分の補給したり、を繰り返しつつ走ります。 大きく広がるゲレンデやコスモス畑などの景色はとても良く、 今まで出たレースの中では一番綺麗で美しいコースでした。 そしてラスト10km、飯綱山の山頂を目指して登ります。 90km以上走った後に、標高差900mもある山を越えは本当に大変でした。 登りは急な階段をひたすら40分登り続けるイメージです。さすがに途中で止まりました。 この登り始めから徐々に日が暮れ、山頂に着く頃には真っ暗になりました。 頭にヘッドライトを装着して、今度は下山を開始します。 よりによって、このラスト5kmの下山が100kmの中で一番難しいコース、 暗闇の中、ライトを照らして崖のような岩場を降りていきます。 何度も転び、足を踏み外し、太ももが吊り、、、下りは下りで本当に大変でした。登り以上の時間がかかりました。 と、色々危険なコースを通ったけど、ケガもなく無事ゴール。 1時間くらい前にゴールしたねこたくんが、ゴールゲートで待っててくれました。 [img]http://lh3.ggpht.com/_lvvMQOd2QeY/Sr88ATjyopI/AAAAAAAAAV4/KD1xpXY-5JE/s288/CIMG2180.JPG[/img] タイムは13時間55分で38/500位。予想以上に速くゴールできたけど、 今まで出たレースの中では一番大変で過酷なコースでした。 来年も出たいか、、、と言われると、少し考えてしまいます (^^;) でも、トレイルもウルトラも走れる人なら、ぜひ一度挑戦してみることをおススメします。
Nothumb

渋谷区アクアスロン大会

Noimage KAT 2009年 09月 20日 07時 05分
9/19(土)は渋谷区アクアスロン大会に参加してきました。 この大会は日本学園→駒沢公園→渋谷区→世田谷区→大田区と続く「城南アクアスロンシリーズ」のうちの1つです。 (大会HP→http://team-black-eyes.hp.infoseek.co.jp/2009jyounan.files/jyounan.htm) どの大会も一般部門の距離がスイム300m、ランも1.5km?4.2kmと短いので、 「アクアスロンやトライアスロンに興味があるけど、いきなり長い距離に 参加するのは気がひける」 という方がデビューするのにもお勧めです。 5会場とも都心から近い&エントリー料も¥1000以内とお手頃感がまた良いです☆ 午前中に終わる&何より代々木公園から程近い場所での開催ということで、 関東練習会の前にレースに出てきました。 一般女子の部:スイム300m+ラン1.5km エントリー数24名のハズが、出走者13名と少なっ!! いつもスイムで出遅れる私...これだけ少ないと最下位になる予感...。 予想は大体当たり、プールサイドに上がったときの順位は後ろから2番目。 ランで3人抜いて、結果は9位。 あぁぁぁぁ...やっぱりスイムを強化せねばですね?。 まぁ、でも1年ぶりのアクアスロンを楽しめたので、良かったです。 アクアスロンデビューしたいけど、迷っている方! こういうプチ大会もあるので良かったら来年、エントリーしてみては?
Nothumb

チームケンズカップトライアスロン

Noimage ちゅう3 2009年 09月 18日 16時 55分
先週WindRunのBBQイベントと同じ日・同じ場所で開催されたこの大会に参加してきました。 距離はオリンピックディスタンスの半分ということでスイム:750m、バイク:20Km、ラン:5Kmという内容です。 いつかは石垣島トライアスロンに出たい!と思い、7月に伊豆大島で開催されたトライアスロン講習に申し込み、その時に知り合ったメンバー4人で参加しました。 スイムは公園内の流れるプールを利用し、2周ちょっとを泳ぐ感じ。 ヒラケンさんには「海が似合う男」と言われているちゅうですが実はほとんど泳げなく(笑)、たびたび立って休憩する有様でした? 普通のトライアスロンはもちろん足がつかない場所で泳ぐので、これからしっかり水泳の練習をしなきゃいけないなぁ、と痛感。 バイクは園内を4周走ります。 平均時速30km弱で走りましたが太もも・ふくらはぎへのダメージが結構あり、そのあとのランに移るときにちょっと痙攣してしまいました。 それでも何とか5kmを走り切ることができました。 正式なタイムが発表になったので公表します。 スイム 750m 0:17:25 617位 バイク 20Km 0:47:51 420位 ラン   5Km 0:21:29 99位      1:26:43 376位 ※順位は個人の部641人中 スイムの結果がウケますねw ゴール後、BBQに合流し皆さんとワイワイできて疲れも飛びました。 その時トライアスロンの事をいろいろ話していたら、結構水泳が得意だったり自転車に興味があったり、むしろトライアスロンそのものに出たいというメンバーさんが何人かいました。 機会があったらWindRunのみんなとこういう大会に出られたら、とも思いました。 (というか、誰か水泳を教えて下さいw) 次回は11月に渡良瀬遊水地で開催される、スイムがないラン?バイク?ランのデュアスロンに出ようかな、とも思っています。 (もちろんマラソン大会へもちょいちょい出ますよ!)
Nothumb

久々の常磐線ランと宴♪

ナカハル 2009年 09月 15日 10時 53分
先週、団江師匠の常磐ランと いっちぃとちっひー企画の宴に参加してきました? 久々でした、実は。 通勤で常磐線を逆走して使ってるので 団江師匠が試走を重ねて開催してくれてる この通勤ランになるべく参加して 走力をあげようと思ってたところ 足の不調が続いて間があいてしまってました(>_ なので朝からドキドキでした♪ それに軽装を考えると、どっちみち駅からチャリで畑やら林を 通って、知り合いに会うこともないし… 家から走る格好で行っちゃおう! 最近トレイルも興味あったし、買って高尾山ハイキングで デビューしたてのバックパックを背負って 出勤して上から白衣を着て…っと いつもと違う感覚にもドキドキでした。 だんだん秋になっていってるので 走っている間の風は、涼しく気持ち良かったです 今回の北千住?松戸間は水戸街道出るまでは初で、 ローカルな話なんですが 綾瀬駅近くの沿線に昔大きい公園だったのが 少し前に公園を2分するように道路ができて 見た感じが道路が公園を邪魔しているように見えてたので 電車から見かけると気になってたので その公園を通過するときもまたドキドキしました! 金町界隈では、水戸街道沿いのラーメン屋を 「1軒、2軒、おお!ここはとんこつかな??」 と数えてしまいます☆ 何か新たな発見したりして走ることは ただ走るよりも楽しさも増すし さらに人数もいるとさらに楽しくなります☆ 常磐ランはそんな楽しさをもたらしてくれる会でもあります! これも試走を重ねてルートを選んでくれてる 団江師匠のおかげです! 今後はまた参加できると思うので 宴でも鎌ヶ谷大仏観たい!と声もあったし リクエストした鎌ヶ谷まで走ってみたいですね?(^?^)
Nothumb

たまには5000mでも。

Noimage カタヒ 2009年 09月 14日 09時 07分
日曜は世田谷区民体育大会で5000mを走ってきました。 2年前にリスタートの記録会で走って以来の5000mです。 で走った結果、、、17'01でした。 うーん、正直このタイムなら16分台を出したかったです (- - ;) レース展開は、2000mまでは調子が良く16'40くらいではいけると思っていました。 が、以降ずるずるとスピードが落ちてしまい、周りの素早いペースについていけませんでした。 16分台を出せるか出せないか際どい所になり、 ラスト200mは34秒と相当飛ばしましたが残念ながら2秒足りませんでした。 とはいえ、ターゲットは9/22の100kmトレイル、 今回は調整せず練習のつもりで大会に臨んだからこんなものなのかなとも思いました。 言い訳っぽいけど(^^;) 気持ちを切り替えて、再来週は頑張ります。怪我しない程度に。。。 ちなみに今日は高校の陸上部のOBで出た大会で、 最近はWindRunのメンバーと大会に出ることが多いから少し新鮮でした。 今でも変わらず元気そうにしている顧問の先生に会ったり、 今でも走り続けている先輩や後輩と同じレースを走るのは楽しかったです :-)
Nothumb

夜の公園を一人で走る

Mini     44 ヒラケン 2009年 09月 12日 07時 52分
今日は代々木公園で一人ペース走をやってきました。 本当は織田フィールドで練習したかったんですが、なぜか閉まっていました・・・ 悔しいので、代々木公園で走ることに。 暗くて、ちょっと怖いのではと思ったけど、電灯に照らされた公園は案外明るくて、しかも人もちょろちょろといました。 これなら走れると思い、一人ペース走の開始。 久しぶりのペース走です。 涼しくなってきて走りやすかったこともありますが、3'35"?3'40"で15km走ることができました! このペースで15km走り切れたことに満足です。 レベルアップしていることを実感できました! 一人で長時間走ることがまだまだできないけど、徐々にできるようになっていきたいと思います。
Nothumb

夏の思い出

Mini     44 ヒラケン 2009年 08月 31日 07時 04分
合宿はまだ終わってないぞ! yuu君が声をかけてくれて、花火大会を開催することができました! 合宿では雨で残念ながらできなかった花火。。。 そのリベンジということで、二子玉川で、花火大会を開催しました(^?^) 20名で花火をする。 うん、夏やねー。 花火の光に照らされた皆の顔はほんまによい笑顔でした。 子供に戻ったようなその顔をみて僕もにやにやしてしまいました(笑) 近くで大きな打ち上げ花火もあがって、盛り上がることができたと思います! 企画してくれたyuu君、参加してくださった皆さん本当にありがとうございました! 今年の夏も夏らしいことがたくさんできて本当に大満足です☆
Nothumb

一人インターバル

Mini     44 ヒラケン 2009年 08月 24日 07時 17分
久しぶりに代々木公園で一人インターバルをやりました。 1.2km×3(200mでつなぐ) ペースは3'42"で3本とも走り切ることができました。 4'00"で走ることができればまあまあかなと思っていたので、予想以上に走ることができてよかったです。 一番速く走れていたであろう大学院2年生の頃、同じ練習をしていた時のブログを読み返しました。 そのころのペースは 3'44",3'38",3'39" そんなに変わらないペースで練習することができています。 まあ、3秒、4秒って結構大きいのかもしれんけど。。。 いい感じで調子があがってきているようです!